書けないのは、何かが理に適っていない

書こうと思ってもどうしても書けない。

何かに取り組もうと思っても中々取り組めない。

何度やってもうまくいかない。

そういう状況に陥ることは、誰でもよくあります。

うまくいかない原因は各々違うとは思いますが、その中で共通するのは、きっと「何かが理に適っていない」ということです。

スポーツには、それぞれフォームがあるように、物事には「やりやすい共通の方法」というものがあります。

恐らくはスポーツだけではなく、何事にも「フォーム」みたいなものがあるのだと自分は思っています。

何となくうまくいかなかったり、やろうと思ったことがスムーズに進まなかったりするのは、「フォーム」に沿っていないからなのかま知れません。

きちんと理に適った方法で、正しいフォームで行えば、誰でも「ある程度は」うまくできるものなのだと思います。

その理に適った「フォーム」は、中々自分だけでは見つけることができません。

客観的に見つめ直し、他者からの視点と助言を経てこそ、正しいフォームを見つけ出し、身に着くのだと思います。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。