書けない時の条件

何となくスイスイと筆が進むときと、そうでないときがあります。

それも、書き出しから書き終わりまでスムーズに事が進むときと、箇所箇所で立ち止まってしまうこともあります。

「書けない」と感じる段階には、大きく二つあります。

書くネタが思い付かない「書き始め」と、書こうとしても上手く膨らまない「書き途中」です。

そのどちらも、原因となっているのは、「現実と想いのギャップ」なのかなと思います。

例えば、ネタが思い付かず「書けない」という場合について、少し踏み込んでみます。

本人の自由に書けるブログにおいて、「書く内容が思い付かない」というのは、少しおかしな表現です。

書こうと思えば、日記でも書評でも何でも書いて良いわけです。

にも関わらず、ネタが思い付かず書けない、というのは、要は「ブログに相応しいテーマ」という縛りを入れているからです。

前者の「書けない」の一つの処方箋は、その「縛りを意識的に緩める」ことです。

例えば「書けない」という状況下では、最低限「書けない」というテーマでブログを書けるはずです。

または、前回、前々回とは流れもテーマも違う内容で書くこともできるはずです。

「流れ」や「テーマ」や「人の目」を意識し過ぎると、ネタの範囲が狭まり書けなくなるのは当然のことです。

どうしても書けなければ、「無意識の中の縛り」に気付き、緩めるのが良いと思います。

ちなみに「書き途中」に起こる「書けない」については、また別の記事で書きたいと思います。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。