結局は、効用の実感が鍵

「続けること」が「続くこと」に変わる瞬間があります。

無理にでも自分を奮い立たせる必要がある時期から、徐々にやらないと気が済まない時期へと変わる日が来ます。

それは結局、その行動の「効用を実感したとき」なんじゃないかと思います。

「その行動を続けていて良かった」

そう本心で思えない限りは、習慣は未だ「続けること」であり、自然と「続くこと」にはなりません。

ダイエットが続かないのは、効果を実感できないからです。

すぐに良質な反応が帰って来れば、人間は繰り返し行おうとします。

当然、効果を実感できなければ、続けるためのモチベーションは下がってきます。

では、どうすれば効用を実感できるのか。

その答えは、残念ながらこちら側ではコントロールできない範囲にある気がします。

上手くギアが噛み合えば、すぐに効用を実感することができますが、逆にどんなに続けていても、全くギアが噛み合わず、効用を実感できないこともあります。

要は、必要なのは試行錯誤だということです。

そして、何度も少し別のアプローチを続けることで、小さく頻繁な試行錯誤を繰り返すことで、ようやく少しずつ「当たり」が見つかるのだと思います。

とにかくまずは、効用を実感できるまで続けること。続けるだけでなく、様々な角度から小さな試行を頻繁に繰り返すこと。

それが、早めに「当たり」を引く唯一の手段なんだと思います。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。