慣れたら先取りしていく

何かを始めた頃は、起こり得ることを予測できず、やるべきことも明確でないために、行き当たりばったりになりがちです。

多くのことが切羽詰まった状態で訪れ、段取りもないまま、ギリギリの橋を渡り続けることになります。

徐々に勝手が分かってきて、「次に起こり得ること」も予測できるようになると、心理的にも能力的にも時間的にも余裕がでてきます。

そうなった時に、また新しいことに手を出したり、また負担になるようなことを始めるのは、個人的にあまり好ましくないなと思っています。

ふと余裕ができたとき、最も取り組むべきなのは、「どうせやらなければいけないこと」なのかなと思います。

新しいことに取り組むのではなく、元々やると決まっていること。

自分の周囲にあるものを探すのではなく、目の前にあるものから、今できることを先取りしていく。

何となく経験則として、そうした方がうまくいくことが多い気がしています。

ブログも、初めは1記事書くのが精一杯だったのが、複数記事書いてみようかなと思うことが増えてきました。

予約投稿機能があると、間接的な時間の貯蓄ができます。

ノッているときに溜めておいて、忙しいときの貯蓄にする。

そのアプローチをブログにも適用できるようになってきて、また一段と、心理的負担が減ってきたように感じます。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。