やりたくないことを朝に持っていく

「朝」という時間は、とても貴重な時間です。

どんなに夜にやる気が無くても、一度よく寝た後の朝は、そのやる気の無さがリセットされています。

「朝」という時間は、「やりたくないこと」に取り組むのに、最も適した時間だと自分は思っています。

普段やる気が出ないことでも、「朝一番」であれば、とりあえずやってしまえることが、よくあるのです。

だから、例え「今最も重要なこと」だったとしても、「やりたいこと」を朝に持っていくのは、少し勿体ないかな、と思っています。

折角「朝」という力で、やる気が出ないことにも取り組むことができるのだから、むしろ「今最もやりたくないこと(しかし重要なこと)」にできるだけ時間を割くべきです。

「朝」という時間は、そこまで量的には多くありません。

「朝一番」というと、1時間程度が関の山でしょう。

なので、「朝に持ってくること」は、慎重に選ぶべきで、ある程度制限を加えるべきです。

できるだけ、「”シラフ”では積極的に取り組めないこと」を、朝一番に持っていく方が、朝の時間を有効に使える気がします。

「朝」という時間を有効に活用することで、「朝以外の時間」をも有効に活用することができます。

普段の生活を阻害する「やりたくないこと」を、できる限り「朝」に回し、全体を有意義にする、そんなイメージが自分の中には確かに存在しています。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。