二度考える

ブログの記事を書こうとするとき、最もスムーズに書き始められるのは、「既に書きたいことが漠然とでも決まっているとき」です。

逆に中々書き始められないときというのは、書こうと思った後に「何を書こうか」考えなければならないときです。

こう書くと、とても当たり前なことを言っているような気になりますが、ブログを書こうとするとき、いつも自分の中で起こっている葛藤でもあります。

書く時間が来たらすぐに書き始められるよう、自分が最初にとった工夫は、まずは「リスタートしやすい環境を作る」ことでした。

具体的には、前回の記事を書いた際の「気付き」や「次はこうしたい」を記録に残しておき、再開時に「その記録」の参照からスタートする方法です。

それには一定の成果はありましたが、「前回の記録」が丸一日経っている為に「ピンと来ない」ことが多々あり、結局「一から書くことを考える」状態が続きました。

次に試したのが、「書きたいことを思い付きやすいトリガーの配置」です。

ある分野について書きたかったら、その「原典」とも言える本を、書き始める前に数ページ目を通すようにする。

または、ニュースサイトや他の人の記事を、書き始める前に読めるよう、RSSリーダーに登録しておく。

それにも一定の効果がありましたが、それもまた「ピンと来る」記事が無かった場合があり、多少博打に近い感じになっていました。

更に言えば、割と「時間が掛かる」というのも、この方法の特徴であり、デメリットでもありました。

これらの方法の良い部分を活かし、悪い部分を是正する方法として、最近試してみたのが、「二度考える」という方法です。

これまで「ブログの書く」直前のみ、ブログのことについて考えていました。

だからこそ、「思い付かなかったら書けない」し、思い付かなかった場合「時間を掛けることもできない」というジレンマに陥っていました。

その「書く内容について、思考を巡らす」という行程を、「ブログの執筆」から離すことにしました。

つまり、予め「書く内容について考える時間」を作り、その後、その行程で決まった「書く内容について、書く」というものです。

まだ、実際にこの方法を組み込んではいませんが、個人的には中々良い成果を発揮してくれるのではないかと、期待しています。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。