客観的な視点で書くか、主観的な視点で書くか

ブログに書く内容というのは、きっと何でも良いのだと思います。

ブログを作る際にテーマを予め決めてしまうと、中々筆が進みません。

「こういうことを書こう」とか「こういうブログにしよう」というのは、初めに決めない方が良いような気がしています。

それは、客観的な視点で考えるか、主観的な視点で考えるか、の違いでもあります。


客観的な視点で考えれば、重要なのは「読みやすさ」です。

書き手の自分よりも、読み手の立場を意識し、より「読まれる」記事を書くことが最優先になります。

ただ、この視点から始めてしまうと、大体の場合で挫折します。

「読み手」という漠然とした顧客像をイメージして書くことはとても難しく、おおよそ書きたいことが書けなくなります。

ブログ術を指南する記事を読むと、大抵「読み手」の立場を優先することが書かれています。

ただ、それはきっと「書くこと」に慣れた「次の段階」であり、「入り口」の話では無いのだと個人的には思っています。

「初めに方針を決める」というのは、要するに「客観的な視点で考えている」ということです。

方針を決めれば、型を決めれば、勿論読み手からは理解しやすく、読みやすいものです。

ただ、それを初めに決めてしまうと、「書き手」である自分の「書きやすさ」を犠牲にします。

「客観的な視点で考える」のは、少し後になってからでも、自分は良いように感じています。


一方で主観的な視点で考えれば、重要なのは「続けられること」です。

自分にとって「書くこと」が価値になり、より「書き続けやすい」環境を整えることが、最優先になります。

この視点で考えれば、最初に決めた方針は「足枷」になりがちです。

書き続けることで、新たに「これも書けるかな」「あれも書けるかな」といった漠然としたアイデアが浮かびますが、方針を先に決めてしまうと、沿わないものは書くのをすぐに断念します。

「書けるかな」と思ったものは、すべて「とりあえず」書くべきだと思っているので、アイデアをアイデアのまま押し潰してしまうのは勿体無いです。

「書けそう」と思ったものがすべて書けるのであれば、恐らく「ネタ」というものは尽きないと思います。

そうして、自分の「書きやすい」ネタを見つけ、「書きやすい」やり方を探すのが、最初にやるべきことなんだと、自分は思っています。

まずは「主観的な視点」を徹底し、徐々に「客観的な視点」を取り入れていく。

そんな視点の展開が、「続ける」にあたって重要なんじゃないかと思います。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。