毎日の「その時間」だけでは上達しない

習慣化に最も大切なのは「続ける」ことではありますが、きっとそれだけでは足りないのだとは感じています。

ある事を習慣にする為に、とりあえず「行動」から始め、続けることがある程度可能になったとしても、そこからは「ただ続ける」ことからの脱却を目指すことになります。

何かが上達したり、何か分かりやすい喜びや効用がなければ、「続けること」は可能だったとしても、「続ける意味」を失ってしまいます。

「続けること」の次の段階は、即ち「方向転換」であり、「方針の再確認」です。

その段階に中々到達することができないと、それこそ「方針」を見失い、「続けない」ことを決断してしまうかも知れません。

「方針の再確認」に必要なのは、「それをする時間」でない時間です。

ブログならブログの執筆、筋トレなら筋トレの時間、ではない時間に「改善」の時間を設けることが必要になってきます。

それは、毎日行う必要はないけれど、週に一度は振り返りたいものです。

今、自分の段階も、十分な振り返りの時間を作る段階にきていて、少しずつ、方針を決めつつある所ではあります。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。