試行を無駄にしないために

「試すこと」は何より、前に進むために必要です。

「その日どれだけ前に進めたか」を測定する基準があるとすれば、それは「どれだけその日、試すことができたか」だと思います。

試し続けることが、唯一の前進の道、というのは言い過ぎかも知れませんが、何となく停滞感があるとすれば、それは「試すこと」が足りていないのかも知れません。


「試す」という意識を根底に置くことができると、実行速度が速くなります。

ひとまずやってみよう、という意識が芽生え、「何がなくとも行動」という考え方に自然となっていきます。

「行動力」というパラメータがあるとすれば、それは「勇気」とか「性格」とか「才覚」とか、そういうものとは一切関係なく、イコール「試行力」なんだと思います。

「試すこと」の重要性を理解し、「試せる仕組み」を自分の中に作り上げている。

「試行」が行動の基本にある人は、大抵「行動力がある」と形容されます。

「完成度」ではなく「手数」で勝負するような、そういう意識が行動力を生み出している気がします。


「試すこと」が大切だと分かっていても、中々すぐに行動に起こすことは難しいと思います。

「試す」ためには、「試す仕組み」が必要です。

要は、「試して」それが無駄にならないような仕組みが土台になければ、「試す」ことも恐れて結局行動には至らない気がします。

「試す仕組み」もとい「試しやすい仕組み」の最たるものが、自分は「記録」だと思っています。

その行動にどんな意味があろうがなかろうが、どんな目的があろうがなかろうが、ひとまず記録に残しておけば、その意味や目的は後から見出すことができます。

行動「記録」は、意味や目的を考えることを「先送り」する技術です。

「意味や目的を考えること」が行動の先に来てしまうから、動くのが遅れる訳です。

それが先送りされれば、残るは行動のみとなり、「まずやってみる」ができるようになります。


試行を無駄にしないためには、記録を残すことです。

試行の意味や目的を「考えないために」、試行の記録をその都度残します。

行動力の土台を司る「試行」と、それを支える「記録」。

この二つの習慣が、中々動けない昔の自分を変えてくれたような、そんな気さえします。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。