同じアイデアについて、何度でも書く

アイデアは、何らかの表現方法によって形にしても、それで消費される訳ではありません。

例えば、ある「書きたいこと」を思い付き、それをブログに書いたとしても、「その1つのアイデアにつき、記事1つ」という縛りは決してありません。

むしろ、良いアイデア、良いテーマというのは、それ1つだけで幾つもの記事が書けるものだと思っています。

書くことに躊躇するとき、その一つの状況として、「書きたいテーマは断片的に思い付いたけど、それを上手く言葉に乗せられる自信がない」というのがあったりします。

分かりやすい言葉を選んでいる内に、分かりやすい順序で、分かりやすい解説を構想している内に、それがまとまらず表現するのを諦めたりします。

それは頭の中だけで動かしているからで、何かを形にするには、結局「現時点での形」を暫定的にでも作り、それを少しずつ改良していく、そういうプロセスが唯一なんだと思います。

アイデアは、1度拙い表現の方法によって表に出たとしても、その1度で消費され無くなってしまう訳ではありません。

むしろ、一度表に出ることで、ようやく改良の機会を得ます。

その為にも、ひとまずは自分の外に出すことです。

「書きたいこと」が出てきたら、まずは「書く」。そして、改めてまた、そのときの表現の形で「書く」。

その繰り返しによって、少しずつ少しずつ「人に伝わる形」が作られていくのだと、自分は思っています。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。