書きたくなる「キッカケ」を探る

これは後で改めて書こうと思っているテーマでもありますが、ブログを書くには最低限「時間」というものが必要です。

しかも、「ある程度まとまった」「定期的に訪れる」時間が必要です。

毎日書こうと思っているのであれば「毎日」、それも可能ならば「同じ時間帯」の方が、続けやすくなります。

ある程度規則的に、そして同じ位の時間でブログのようなものを書き切るためには、それに加えて、「すぐに書き始められる」ような仕掛けというか、仕組みを作れると楽になります。

要は、書こうと決めた途端に、「書こうと思うネタを思い付き」「それをすぐに書き始められる」、そんな自分だけの仕組みです。

勿論、上述のような理想的な状態は、簡単には作れません。

ただ、少なからず「書こうと思って最短距離で書き始められる」ような環境には整えるべきです。

その為には、「自分がどんなキッカケで、書き始めるのか」を、観察していく必要があります。

ニュースを見ている時に、書きたいことが思い浮かぶのか、本を読んでいるときに閃くのか、SNSを見ているときに書きたくなるのか。

それはテーマによっても、個人によっても違うし、それに唯一のものでもありません。

むしろ複数あった方が、二重三重の仕掛けを作れるようにもなります。

何となく「これをすると、書くことが思い浮かぶ、書きたくなる」という傾向を観察し、仮にでも良いので特定してみます。

そうしたら意識的に「書く」前にその行動を置くようにします。

例えるなら、打席に立つ前の素振りやウォーミングアップのように、書く前に自分にアクセルを掛ける為の、一つのルールにしてしまいます。

自分自身にしか適用できない「書きたくなるキッカケ」。

それを特定し仕組みにしてしまえば、「書く」ことはとても楽なものになっていきます。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。