ブログの筆が進む「想定する読者」の決め方

ブログを書くとき、「想定する読者」を決めることが重要だと言われます。
要は、「誰に向けて書くか」ということです。


確かに「想定する読者」が明確だと、筆が進みやすいというのは実感としてあります。

誰のために書いているか、どんなことを伝えようとしているのか、何のために書いているのか、、、その辺りがとてもクリアになると、文章の方向性も明確になります。

逆に、筆が進まない状況というのは、「誰に向けて書いている文章なのか」が不明瞭なときに起こりやすいのかも知れません。

「想定する読者」を決めるのは難しい

ただ、「想定する読者」を明確にしなさい、と言われても、それ自体が壁になることがあります。

現実世界での会話とは異なり、文章を書いている瞬間は、目の前には誰もいない訳です。
仮に居たとしても、「その人のために文章を書いている」という状況は非常に稀だろうと思います。

だからこそ、想定する読者は、自分で作り上げなきゃいけません。

仕事の文書とも異なり、ブログには明確な目的がないことが大半です。

それはメリットでもデメリットでもあります。ブログを始める際の目的の多くは、例えば副収入を得たいとか、想いを発信したいとかで、「誰に何を送りたいのか」には目が向いていない気がします。

よって詰まります。

「読者の視点に立ちなさい」という教えを受けても、そもそも想定する読者が居ないので、そこで考えが進まなくなります。

明確にしようと奮起しても、よくあるペルソナ的な条件を付け足して、存在しえない、もしくは出会ったことすらない「読者」を作り上げようとしてしまいます。

「自分より少し前段階の人」を想定する

私が今の所しっくり来ているのは、表題にもあるように「自分より少し前段階にいる人」を想定する読者として据え置く方法です。

「自分より少し前段階にいる人」というのは、「自分と同じことをやろうとしていて」「同じような課題にぶつかる(であろう)」人のことを指します。

インターネットには、大抵の情報が転がっています。
今から自分が書こうとする内容は、既に誰かがもっと詳しく分かりやすく書いていることでしょう。

一般的な「読者」を想定してしまうと、既に素晴らしい文章を投稿している先人たちと戦うことになります。

それでは、うまく渡り合えたとしてもモチベーションは続きません。
できれば絶対に勝てて、参入不可能なニッチな分野から始めたいところです。

それが、「自分と同じ課題を抱えていて、少し前段階にいる人」に該当します。

この文章も実は同様の想定で書かれています。

「ブログを書こうとして、でも中々書きたいことが見つからず、どうにもこうにも筆が進まず、四苦八苦している状況の人」

そんな、ちょっと前段階の自分自身に対して書かれています。

筆の進みも良好で、「まず書き始める」には、とても有用な方法じゃないかなと、今の所感じているところです。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。