発信は、すぐに何かを変えないけれど、変わるキッカケは呼び寄せてくれる

発信の可能性を、最近強く感じています。

発信とは、自分の想いや考えを、周囲の人たちに伝えること。

何かやりたいことがあったなら、それを何らかの形で発信することが、実現の第一歩になると、私は考えています。

発信と一言にくくっても、その形態は様々です。

ブログという選択肢もあれば、TwitterやInstagramといったSNS、オンラインにこだわらないのであれば、周囲の友人に公言するだけでも、発信になり得ます。

重要なのは、「こうしたい」と思う気持ちを、自分のやりやすい表現方法で、時間的に可能な範囲で、何より続けられそうな手段を見つけて行うことです。

発信しても、すぐに結果は見えません。
何かが急激に変わる訳ではありません。

ただ、「変わるきっかけ」を呼び寄せてくれる力は十分にあると思っています。

こんな短い言葉だとしても、Twitterのような140字の組み合わせでも、
漠然とした「やりたいこと」、不安や課題を前に進ませるために、「発信」は、とても大きな一歩になると思っています。

きっと初めは、何でも構わない。
とにかく「想い」を形にして外に出す場所を、作ってみてはいかがでしょう。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。