助走がないと走り出すのに時間が掛かる

すぐ「書き始められるとき」と、中々「書き始められないとき」。

その違いが、ブログを続けていて大分分かってきました。

自分の場合、これは至極当然のことかも知れませんが、書き始めるまでには「助走期間」が必要なようです。

要は、書き始める時間に「その日初めてブログを書くことについて考えた」のであれば、やはり書き始めるのに時間が掛かります。

逆に、「今日は何を書こうか」と少し前に考え始めておくと、その時にはネタが固まらなくても、実際に書き始める時には、かなり書き始めやすくなります。

ある時期では、「朝、昨日の記事に目を通す」ということを試していました。

ただ、それにはあまり効果は無かった気がします。

つまり、「書くこと」について考えるのは、「遠すぎても駄目」だということです。

自分がブログを書いているのは、大抵、夜の8時くらいです。

何となく「書くこと」について考え始める、ある意味で「助走」を始める時間は、自分の生活リズムでは、退勤中の車内くらいが丁度良い気がしています。

今後はそれを試してみながら、より書きやすいルーチンを、見つけていきたいと思っています。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。