習慣化におけるシングルループ学習とダブルループ学習

自分自身の中だけで、PDCAのような改善のサイクルを回すことを「習慣のシングルループ学習」と呼ぶことにします。

前回行った時の知見を、今回の実践に活かし、更に今回の実践によって得た知見を、次の実践に活かす。

これが繰り返されることで、実践は精密化し、行動がマニュアル化され、結果習慣化します。

このようなシングルループ学習では、サイクルが文字通り自分自身の中だけで回ることになります。

シングルループ学習による習慣化の問題点は、内的なサイクルに留まってしまい、視野が狭まってしまう点にあると思っています。

要は、「自分のやり方」にこだわり過ぎて、実は非効率で非合理的な方法であるにも関わらず、それに気付くことができないまま、繰り返しを続けてしまうことになります。

そうなれば、所謂スランプに陥ったり、同じ所を何度も行き来しているような、そんな感覚になったりします。

このシングルループの罠を回避するためには、「今持っていない視点」を外から取り入れる必要があります。

自分の外側から知見を得ることで、行動ではなく「前提」に変化が加えられます。

結果、シングルループの螺旋の描き方が変わり、課題となっていたことがすんなり解消されたりします。

この「習慣のダブルループ学習」とも言うべき方法が、何事にも重要になってきます。

どうしようもない壁にぶち当たったとき、越えられない課題が目の前にあるとき。

そんな時こそ、「自分の外側」に目を向けて、ダブルループを回すことが、改善の一途に繋がると、そう思っています。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。