何を書き、どこから書いても良い

ブログというのは、そういうものなんだと思います。

形式がある訳でも、書くべきテーマが決まっている訳でも、順番も文字数も、何一つ決まっておらず、だから書きやすかったり、逆に書けなくなったりします。

書きたいこと、要はネタみたいなものですが、そういったものがポンポンと浮かんでくる時と、いくら頭を捻っても全く形として出てこないこともあります。

むしろ、タイトルだけを決めて書き始めてしまった方が、筆が進んだりもします。
書いている途中で、書きたいことが見つかったり、整合性が合ったりもします。

ゼロから何かを書き始めるのは中々難しく、ネタ帳みたいなものを用意した方が書きやすかったり、或いはテンプレートを用意した方が書きやすい時もあります。

つまり、「文章の書きやすさ」というのは人それぞれで、それは「書き続ける過程」で自分なりの書きやすい「状況」とか「環境」を見つけていくものなんだと思います。

文章力系の書籍を読んでも、文章がうまくならず、書きやすくもならないのは、恐らくそういうことで、

そこに書かれている手法は「その人の書きやすさ」から抽出されたもので、読者は初めて触れたものだからです。

ひとまず書くことに集中し、書き続けることに注力すること。
少し溜まったら、少しそれを見返してみること。

そうやって、文章というのは「書きやすく」なり、そして「読みやすく」

、、、なれば良いなあと、思いながら書き殴っています。

Profile

ひばち
ひばち
「行動の整理」「モノの整理」「思考の整理」という3つの整理を主軸に、日々感じたこと、考えたことを呟いていきます。 タスク管理の勉強会 TaskFreaks!!主催。

ご用の方は、こちらから。Twitterは、こちらから。